So-net無料ブログ作成
検索選択

日本は1960年代に急速に木材輸入量

日本は1960年代に日本は1960年代に急速に木材輸入量を増加させて以降、大量の木材を輸入し続けている。現在も世界最大の木材輸入国として世界貿易の約2割を占めており、東南アジアの熱帯林から生産される木材をはじめとし、数多くの国々から木材を輸入している。最近では、植物油脂消費増加に伴うアブラヤシのプランテーション拡大などでも熱帯林が伐採されている。
させて以降、大量の木材を輸入し続けている。現在も世界最大の木材輸入国として世界貿易の約2割を占めており、東南アジアの熱帯林から生産される木材をはじめとし、数多くの国々から木材を輸入している。最近では、植物油脂消費増加に伴うアブラヤシのプランテーション拡大などでも熱帯林が伐採されている。

ロハス建材

世界の先進地域の森林は温帯林、途上地域の森林は主として熱帯林から成っている。世界的に森林の減少が続く中で、特に東南アジアアフリカアマゾン流域の熱帯林の消滅が著しい。消滅の原因は、先進国向けの木材輸出、薪炭としての利用、農地開墾、家畜の増加、道路建設などの森林の開発が挙げられる。これらの傾向を強める主な原因は、発展途上国の人口急増であるが、先進国の木材輸入もその一因となっている

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。