So-net無料ブログ作成

花粉症の患者数

近年、日本では、花粉症の患者数は極めて多く国民病とまで言われるようになっている。原因となる花粉は、春季に飛散するスギ、ヒノキ等、秋季に飛散するブタクサ、セイタカアワダチソウ等がある。ことに、スギは、第2次世界大戦後、荒廃した山野に盛んに植林したスギが成長し、今や大量の花粉を飛散するようになり、大きな影響を及ぼしている。
花粉症の発症については、大気汚染も関係するとも言われており、特に、ディーゼル排出微粒子等の粒子状物質が鼻粘膜に影響を与え、花粉の体内への侵入を容易にしている可能性が高いと言われている。

ロハス建材  住宅

花粉に対するアレルギーによっておこる鼻炎や眼の症状である。原因となる花粉が発生する時に一致して発生する。症状は、クシャミ、水性鼻汁、鼻塞、眼のかゆみ、流涙の他、場合によっては頭痛、全身倦怠等の症状も現れることもある。
歴史的には、古代ローマの記録にも同様の症状が記録されており、19世紀末に、これらの症状が花粉によって起きることが解明された。日本における研究では、1960年に、ブタクサ花粉症について研究発表がなされたのが最初で、その後、1964年にはスギ花花粉症等が報告され、多くの花粉が関係していることが知られるようになった

二酸化炭素などの温室効果ガス

二酸化炭素などの温室効果ガスを吸収する大気、森林と海洋のこと。科学的な議論では海洋の吸収量が問題になるが、政策的な議論としては森林のそれがメインとなる。
京都議定書では、土地利用の変化及び林業セクターにおける「1990年以降」の「直接的かつ人為的」な「植林・再植林・森林減少」といった活動から得られる吸収・排出量に限って当該国の削減量・排出量に算入できることになり(第3条3項)、算入方法として

ロハス建材

大気中濃度は、産業革命以前280ppm程度であったが、産業革命以降、化石燃料の燃焼、吸収源である森林の減少などによって、年々増加し、今日では370ppm程度にまで上昇した。なおも増加しており、地球温暖化の最大の原因物質として問題になっている

日本は1960年代に急速に木材輸入量

日本は1960年代に日本は1960年代に急速に木材輸入量を増加させて以降、大量の木材を輸入し続けている。現在も世界最大の木材輸入国として世界貿易の約2割を占めており、東南アジアの熱帯林から生産される木材をはじめとし、数多くの国々から木材を輸入している。最近では、植物油脂消費増加に伴うアブラヤシのプランテーション拡大などでも熱帯林が伐採されている。
させて以降、大量の木材を輸入し続けている。現在も世界最大の木材輸入国として世界貿易の約2割を占めており、東南アジアの熱帯林から生産される木材をはじめとし、数多くの国々から木材を輸入している。最近では、植物油脂消費増加に伴うアブラヤシのプランテーション拡大などでも熱帯林が伐採されている。

ロハス建材

世界の先進地域の森林は温帯林、途上地域の森林は主として熱帯林から成っている。世界的に森林の減少が続く中で、特に東南アジア、アフリカ、アマゾン流域の熱帯林の消滅が著しい。消滅の原因は、先進国向けの木材輸出、薪炭としての利用、農地開墾、家畜の増加、道路建設などの森林の開発が挙げられる。これらの傾向を強める主な原因は、発展途上国の人口急増であるが、先進国の木材輸入もその一因となっている

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。