So-net無料ブログ作成

ロハス建材    仙石敦嗣

正式名称を「エネルギーの使用の合理化に関する法律」という。1979年制定、経済産業省(一部は国土交通省)の所管。
1993年の改正で基本方針の策定やエネルギー管理指定工場に係る定期報告の義務付けなどが追加された他、1997年に京都で開催された気候変動枠組条約締約国会議(COP3)を受けた1998年6月の一部改正により、自動車の燃費基準や電気機器等の省エネルギー基準へのトップランナー方式の導入、大規模エネルギー消費工場への中長期の省エネルギー計画の作成・提出の義務付け

肉骨粉の利用など効率的な資源循環が新たなリスク

近年は、体内タンパク質の一種であるプリオンの異常により発症し、人に感染すると急速な痴呆症状などを引き起こすBSE(牛海綿状脳症)や、ハクビシンなどの野生動物が感染源と疑われるSRAS(重症急性呼吸器症候群)など、新たな人畜共通感染症が続発し、注目を集めている。背景には、本来別世界にあった人と動物の病原体が、食文化の変化や自然環境の破壊、現代社会における市場のグローバル化などによって接触の機会が増えていることが指摘される。また近代的畜産業の高密度・高効率化などが被害リスクを拡大しているとの指摘もある。BSEでは、肉骨粉の利用など効率的な資源循環が新たなリスクをもたらしたともみられる

ロハス建材

動物から人へ、あるいは人から動物へ伝染する病気。獣類(家畜)から感染することが多いため人獣共通感染症、人畜共通感染症とも言われる。正式には、1975年にWHOで「脊椎動物と人間の間で通常の状態で伝播しうる疾病(感染症)」と定義されている。
日本では主なものとして30種類以上が、また世界中では数百種類が知られている。病原体は、細菌、ウイルス、寄生虫、リケッチア、原虫、真菌などさまざまで、診断・治療も病原体により異なる。代表例として、狂犬病、日本脳炎、オウム病、トキソプラズマ症、エボラ出血熱、鳥インフルエンザなどがある。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。