So-net無料ブログ作成
検索選択

ロハス建材     仙石敦嗣

あまりにもひどければ空気のよどみなどの形で大気汚染は目に見えます。
そうとう酷い状態ですが、それだけに対策を打ちやすいのがこの場合です。
大気汚染は目に見える場合、状態は酷いがすばやい対策が施されるのでまだ良いですが、問題は目に見えない場合です。
知らない間に健康を害されているということが十分にあり得ます。
自分達で意識して注意していく必要が有ると思います

ロハス建材     仙石敦嗣

大気汚染による喘息が深刻な問題となったこととして、象徴的できごとは四日市市の四日市喘息です。
大気汚染が最も酷かったのは1960年代、日本は高度経済成長の真っただ中であり、急激に成長する産業の陰に大気汚染が潜んでいたのでした。
四日市喘息の被害者は企業と政府を訴え、長い戦いが続けられてきました。

現在では大気汚染が改善傾向にあるので、四日市喘息のような重い症状を来すことほとんどなくなりました。
しかし今でも気管支喘息や肺気腫、慢性閉塞性肺疾患といった症状が改善されないのは、現状での大気汚染が影響を与えている可能性が否定できません。

ロハス建材

これだけじゃなく、石膏、シーリング、パッキング等にも使われていた事も考えられ、年月の劣化と共にアスベストが露出して飛散してしまうのではないかと言う事も考えられます。
また建築以外においては、自動車鉄道のブレーキやクラッチの部分に使われたり、電化製品は耐火性を見込まれて使われたりしていました。トースターヒーター、冷蔵庫、給湯器なんかがこれに当たるみたいです。
昔の電化製品を使用しているのであれば、アスベストが含まれている可能性も否定できませんので回買えてみるのも良いと思います。

ロハス建材

特に多く使われていたのが建築関係になります。
日本の高度成長期時代、ビルや学校、官公庁などたくさんの建物が建設されました。
そこにこのアスベストの性質はとても有効的な建築資材だったと言えたそうです。
但し住居として考えた場合、通常の一戸建て住宅に関してはアスベストを使う事は有りませんでした。
しかし耐火性と言う意味合いを持たせる為に、アスベストを拭きつけていたと言う事が考えられるみたいです。
それと壁材、天井材、屋根材等に使われるセメント、これにアスベストが含まれていた事も考えられているそうです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。