So-net無料ブログ作成

ロハス建材

日本のODAに対する明確な理念、原則を明らかにしたもので、1992年6月に閣議決定により制定された。ODA大綱とも呼ばれる。
基本理念として(1)人道的考慮、(2)相互依存性の認識、(3)環境保全、(4)自助努力の支援の4点を掲げている。政府開発援助の実施に当たっては、国際連合憲章の諸原則(特に主権平等と内部不干渉)及び以下の4つの原則を踏まえ

ロハス建材

境条約や環境制度などの環境に関する社会的取りきめを守ること。コンプライアンスという場合、法令や社会的取り決めの文言のみならず、その背後にある精神まで守り、実践することを意味する。環境コンプライアンスという場合も同様、環境上の法令や社会的取り決めを、誠意を持って解釈し実践することを意味し、法の欠陥(法令などの不在)の場合においてもの目的や主旨に沿った方向で行動していくことを意味する。今日の日本では、CSR(企業の社会的責任)に関連して本用語が多用されている。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。