So-net無料ブログ作成
検索選択

ロハス建材  八王子

ha10.jpg人々が集まり、ビルや家が密集し、電車自動車等もたくさん走っています。こうした状況ではたくさんの二酸化炭素が排出され、温室効果が高まり、都市部の気温が上昇すると言う事になるのです。
実際、日本では東京大阪等は気温が高くなっていますよね。こうした異常気象と言う事象が何十年に一度であればこんなに大騒ぎする必要もないのですが、毎年言われ続けているのはその状況自体が異常であると言えます。異常気象を改善すべく対策も将来的に行うのではなく、今現在からやるべき事だと思うのです

ロハス建材   手抜きなし!

「異常気象」と言うとどんな事を思い浮かべるでしょうか。台風、洪水、干ばつ等が挙げられるでしょうか。でも異常気象はこれだけじゃありません。猛暑や暖冬と言った状況も異常気象と位置付けられるのです。今こうした異常気象が地球問題になっているのですが、そもそも異常気象になってしまう原因とは何なのでしょうか。また私達が地球問題に対して何か対策が出来るのでしょうか。

異常気象、異常気象と毎年言われ続けているせいもあり、あまり意識していないかもしれませんが、じわじわと地球を蝕んでいっているのです。それなのにヨーロッパに比べて日本では対策が遅れているのが現状です。私達が異常気象に対してやるべき対策はCO2の削減ではないでしょうか。つまり異常気象は地球温暖化に繋がっているのですから地球温暖化対策をしていく必要があるのです。特に異常気象が起こりやすいのは都市部であると言えますね

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。