So-net無料ブログ作成

ロハス建材  仙石敦嗣

残され た課題が細分化してわかりにくくなったという面もあるが、多くの環境NGOは熱し易く冷 め易い体質を変えないと百戦錬磨の産業NGOには太刀打ちしていけないだろう。当初から この問題に深い関心を寄せて多くの貢献をしている グリーンピースなどの一部の環境NGOは代 替フロンの温室効果の大きさを訴え続け、温暖化防止策で規制の対象にするべく強く働き 掛けている

ロハス建材

を決めて以降、規制 強化に後ろ向きになった。アメリカが反対すると規制強化の国際的合意はきわめてとりに くく、代替フロンの安全性、途上国での規制と資金援助、闇市場の存在など問題を山積み にしたまま、その後オゾン問題では大きな進展がみられずにいる。理由の一つには地球温 暖化や生物多様性問題などの出現で地球環境問題への関心が分散したことも 挙げられるが、特定フロン全廃 で一段落したととられがちなオゾン問題に関して、産業NGOは相変わらず熱心だが環境 NGOは熱がさめ、政府にとって規制を行うイニシャティブが弱まったことがある。

ロハス建材 仙石敦嗣

郷土料理の知恵はだんだん忘れ去られてしまって
経済効率を主眼においた、添加物が沢山入った加工食品が
日本の食卓の主流をなるようになってしまいました。


でも最近ロハス志向を求める人が徐々に増え始めています。
その影響が郷土料理を見直すような、食の知恵に気付いて
日本の食生活の向上に繋がればと考えています

ロハス建材

ロハスと言葉はアメリカで生まれたビジネス用語ですが、
その言葉を機に健康とか食生活を省みるような方は、
このような自然な食を求めているのではないだろうか?


また自然に合ったものは美味しい!
旅行などで地方を訪れたときなど郷土料理を食するが、
本当に旨い!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。