So-net無料ブログ作成

ロハス建材   施工現場

外断熱工事・・・いいですね
是非見て下さい。

ロハス建材

[いい気分(温泉)]

箱根行きます

ロハス建材  評判

オゾン層は先程記述しましたが、太陽光に含まれている紫外線をカットしてくれる働きをしてくれています。
オゾン層が破壊されて有害な紫外線が身体に当たることで皮膚がんを引き起こしたり、白内障や失明を引き起こしたり、免疫力が低下してAIDSを始めとする色んなウィルス性の病気を引き起こしたりしてしまうのです。
また遺伝子にも影響を出すとも言われているのですよね

ロハス建材  八王子

現在の地球にはオゾン層があります。地上から20~30kmの所に厚さたった3mmと言った薄い物です。
この薄さで紫外線を防ぎ、地上の生物を守ってくれているのです。
オゾン層は私たちが生きて行く上で絶対に必要な物なのですが、このオゾン層を人間が壊そうとしていると言う事が地球問題でもあるオゾン層の破壊なのです。オゾン層が破壊されてしまうとどうなるのでしょうか。

ロハス建材  地球環境

今から約200~1万年前までは地球の大気中に有る二酸化炭素の濃度は一定であったと考えられています。
しかし200年前から現在に至るまで色んな発明がされてきました。
その発端が今から約240年位前に起こった産業革命であったと言われています。
この革命のきっかけとなったのがワットが発明した蒸気機関だったそうです

ロハス建材  地球にやさしい環境づくり

現在地球規模で二酸化炭素の排出を減らそうと言う試みがなされています。
これは地球問題の1つである地球温暖化を抑えるための政策でもあるのです。地球温暖化は大きな地球問題となっていて日本だけじゃなくて世界中で取り組まなくてはならない問題なのです。では減らそうとしている二酸化炭素の量、どの位増えているのでしょうか

ロハス建材 環境にやさしい

サンゴが白くなるのは、褐虫藻がサンゴからはじき出されてしまう、周辺の環境が生息できない状態になってしまうなどといったことが原因です。
サンゴから褐虫藻が追い出されるのは、サンゴ自体に強いストレスが加わると起こる現象です。
現在までにも、海水が酸性になってしまうといった水質汚染や不法投棄、人口建造物などによる環境の変化がサンゴの強いストレスを与えると、サンゴは共生している褐虫藻を追い出してしまうことがあります。

ロハス建材 地球にやさしい

普段私たちが見ているカラフルな色のサンゴは、海の中に生えている植物のように見えますが、クラゲ、イソギンチャクと同じ腔腸動物の仲間です。たんぱく質 で出来ている身体のまわりに、褐虫藻という藻類をまとわせています。
この褐虫藻は植物なので、二酸化炭素を使い光合成をして酸素とエネルギーを生み出しま す。この時作り出される栄養分と酸素を珊瑚がもらい、代わりに光合成に必要な二酸化炭素を褐虫藻に供給しています

ロハス建材 手抜きなし!

暖かい家づくり 
アルミと亜鉛を合体させた世界特許『ガルバリウム』
  JIS認定(日本工業規格)だから安心。
  軽量で安心、日本瓦の1/10の軽量金属瓦。 
  断熱材一体型なので音は静か、断熱性は従来の金属屋根材
  に比べ約3倍もの断熱効果が見込めます。
  仕上がりも美しく、快適な住環境を実現します

ロハス建材

外断熱工事最高! ロハス建材 手抜きなし!

外断熱工事が関東で一番と言える技術とワザと経験職

工事受注も関東で一番ですね

暖かい家造りを応援するロハス建材

ロハス建材手抜きなく安心施工

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。