So-net無料ブログ作成
検索選択

ロハス建材仙石敦嗣

い咲き」ならぬ「狂い若葉」と言うべきかも知れません。
そうした、季節違いの樹木に出会う度に、私たちの周りでとんでもないことが起きているような、不吉なものを感じます。少し考えすぎなのかも知れませんが、もしかすると、こうしたちょっとした変化の行き着く先には、より深刻な問題が潜んでいるのかもかも知れません。

日一日と秋が深まって、北風の吹きはじめる頃ともなると、公園や街路の落葉樹は、おおっていた葉の全てを自ら脱ぎ捨てて、あるいは北風に奪われて、黒っぽい幹と枝だけになります。そうなった裸木たちは、一斉に蒼空に向かって黙々と黒い枝先を拡げます。
東の空から朝陽が差し込む頃、都会の林の中では、コンクリートに慣れきった靴底から、カサカサと乾いた気持ちのよい音がします。でも、気をつけないと落ち葉はとても滑りやすいため、滑って転んだりしてしまいます。

ロハス建材仙石敦嗣

ロハス建材八王子

い咲き」ならぬ「狂い若葉」と言うべきかも知れません。
そうした、季節違いの樹木に出会う度に、私たちの周りでとんでもないことが起きているような、不吉なものを感じます。少し考えすぎなのかも知れませんが、もしかすると、こうしたちょっとした変化の行き着く先には、より深刻な問題が潜んでいるのかもかも知れません。

日一日と秋が深まって、北風の吹きはじめる頃ともなると、公園や街路の落葉樹は、おおっていた葉の全てを自ら脱ぎ捨てて、あるいは北風に奪われて、黒っぽい幹と枝だけになります。そうなった裸木たちは、一斉に蒼空に向かって黙々と黒い枝先を拡げます。
東の空から朝陽が差し込む頃、都会の林の中では、コンクリートに慣れきった靴底から、カサカサと乾いた気持ちのよい音がします。でも、気をつけないと落ち葉はとても滑りやすいため、滑って転んだりしてしまいます。

ロハス建材八王子

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。