So-net無料ブログ作成

ロハス建材八王子

自然食のマーケットは地球環境の悪化とともに注目を集め、21世紀に入りエコロジーに前向きな「
ロハス企業」の業績は飛躍的に拡大しています。

「ナチュラル・アドバンテージ」の著者アラン・ヒークスは持続可能な経済を有機農場の自然を尊重
する農法と重ね合わせ、化学肥料や農薬にたよる慣行農業を直線的で機構的考え方として有機的農法
の循環的で有機的な考え方に改めていくことが持続可能な経済であり農法であると説いています。
有機農法が自然を尊重することによって持続的な収穫を得ていることから、そのノウハウをビジネス
の成功にいかに関係するかを『ナチュラル・アドバンテージ』の中で有機的成長の7原則として成功
への特性を導き出している。

ロハス建材八王子

大量の化石燃料の消費による大量生産、大量消費で先進工業国は便利・豊かさを手に入れる一方、
深刻な環境汚染、地球温暖化によって複雑な環境問題に直面し、国際的に取り組み(京都議定書な
ど)を始めました。
また、現在はBRICSと呼ばれるブラジル、ロシア、中国、インドなど巨大な人口を抱える国が経済
的に発展してきて、ジャパン・シンドロームといわれるように日本が戦後発展してきたように、車
・食・電化生活など先進国の生活レベルに近づくことが予想され、これ以上地球環境に負荷をかけ
ることが出来ないとき、どのような解決策があるのかわかっていません。

明確なロードマップがなく、かといって『昔の暮らし』や『貧乏な感じ』、『攻撃的な環境運動』
もイヤだなと思っていて、一番オシャレな自分らしい生き方を考えるとLOHAS的な生き方になって
しまう。そんな人たちが拡大しているというのが、ちょうど今なのです。

従来型の経済『プランA』を選択するのか、持続可能な経済『プランB』を選択するのか、アメリカ
のレスター・ブラウン博士は、問いかけています。
また近著「フード・セキュリティー」では深刻な食料不足を予想し、食料増産による熱帯雨林の
伐採、過放牧による砂漠化、世界的な水不足など、人類の生存にかかわる多様な問題提起を行って
います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。