So-net無料ブログ作成

ロハス建材     仙石敦嗣

大気汚染による喘息が深刻な問題となったこととして、象徴的できごとは四日市市の四日市喘息です。
大気汚染が最も酷かったのは1960年代、日本は高度経済成長の真っただ中であり、急激に成長する産業の陰に大気汚染が潜んでいたのでした。
四日市喘息の被害者は企業と政府を訴え、長い戦いが続けられてきました。

現在では大気汚染が改善傾向にあるので、四日市喘息のような重い症状を来すことほとんどなくなりました。
しかし今でも気管支喘息や肺気腫、慢性閉塞性肺疾患といった症状が改善されないのは、現状での大気汚染が影響を与えている可能性が否定できません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。