So-net無料ブログ作成

ロハス建材

特に多く使われていたのが建築関係になります。
日本の高度成長期時代、ビルや学校、官公庁などたくさんの建物が建設されました。
そこにこのアスベストの性質はとても有効的な建築資材だったと言えたそうです。
但し住居として考えた場合、通常の一戸建ての住宅に関してはアスベストを使う事は有りませんでした。
しかし耐火性と言う意味合いを持たせる為に、アスベストを拭きつけていたと言う事が考えられるみたいです。
それと壁材、天井材、屋根材等に使われるセメント、これにアスベストが含まれていた事も考えられているそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。